音声認識・インバウンド支援・多言語翻訳のフュートレックは、人々のコミュニケーションをより快適にする様々な技術を提供します。

製品ラインナップ

フュートレックの技術について

音声認識

音声認識システムvGate ASRの技術の一部は、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、NICT)が保有する音声認識の研究成果、及びNICT民間基盤技術研究促進制度により、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(以下、ATR)が受託したプロジェクト「大規模コーパスベース音声対話翻訳技術の研究開発」の成果を利用して、株式会社ATR-Trekにて製品化したものです。

音声認識システムvGate ASR2 powered by SpeechRecは、NTTテクノクロス株式会社の高精度音声認識ソフトウェア「SpeechRec」の最新版をベースとして開発した音声認識システムです。
「SpeechRec」には、NTTグループが提供するAI「corevo®」を構成する音声認識技術が搭載されています。


corevo
※ corevo®は日本電信電話株式会社の登録商標です。(http://www.ntt.co.jp/corevo/

音声合成

HMM音声合成エンジン

日本語HMM音声合成エンジンは、国立大学法人名古屋工業大学 徳田・李研究室他による新しい音声合成方式と研究成果を利用しています。また、ATRの音声合成に関わる日本語処理・韻律制御等の研究成果も利用して、株式会社ATR-Trekにて製品化したものです。

波形接続型音声合成エンジン(XIMERA)

波形接続型音声合成技術(XIMERA)は、ATR及び株式会社ATR-Trekによる研究成果と技術を使用しています。

対話制御

対話制御言語CaribisはMMI記述言語であるXISL(eXtensible Interaction Scenario Language)を利用しています。XISLは国立大学法人豊橋技術科学大学の新田・桂田研究室で開発された、マルチモーダル対話(MMI: 音声やペンなどの入力操作と、画面や音声などの応答出力からなる)を可能にする対話制御言語の研究成果です。
Caribisはこれを基にフュートレックにて製品化したものです。

※ 情報処理推進機構(IPA)の助成と情報処理学会のコンソーシアム活動の支援によります。

音声翻訳

本技術の一部は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の研究成果、及びNICT民間基盤技術研究促進制度により、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)が受託したプロジェクト「大規模コーパスベース音声対話翻訳技術の研究開発」の成果を利用して、株式会社ATR-Trekにて製品化したものです。

エコーキャンセラー

株式会社エー・アール・アイの「Artifit Voice(アーティフィット・ボイス)」を ベースとしています。アーティフィット・ボイスに利用されている 『高速H∞フィルタ(J−FHF)』 技術は、岩手大学の西山清教授によって発明された技術です。
この技術は国の有用特許取得制度により独立行政法人科学技術振興機構が特許権を有しています。

製品に関するお問い合わせはこちら